キッチンリフォームで失敗しないためには基礎知識は大切です

キッチンリフォームの基礎知識

オーダーメイドのシステムキッチン

システムキッチンは設計生産されている既製品です。 カタログを見たり、ショールームで実物に触れて選ぶことができます。 オーダーメイドキッチンは、部材の素材選び、サイズ・設備機器も自由に決めて設計できます。 オーダーキッチン専門ブランドのクチーナやリフォーム会社、システムキッチンのメーカーでも対応しています。

ごみ箱のスペース

キッチンリフォームでは、ゴミの保管スペースも確保しておきましょう。 毎日生ごみや資源ごみは出ます。 ごみ収集まで保管が必要なため、スペースは必要です。 ごみ箱が動線を妨げないように配置することが大切です。 シンクまわりや分別ごとに重ねたり収納スペースに組み込むなど工夫してみましょう。

リフォームの成功はリフォーム業者によって決まります

キッチンをリフォームする際は、せっかくの機会ですので、使いやすいくおしゃれなキッチンにしたいですよね。
最近では、リビングを一緒にして住まいの中心に配置している方も増えています。
楽しく料理できるような理想のキッチンを目指していきましょう。
キッチンのリフォームの時期はどのように判断していますか。
キッチンは、水を頻繁に使うため、劣化しやすい場所です。
頑固な油汚れやかびがひどくなると設備も腐敗していきます。
コンロや食洗器が故障したり、蛇口やシンク下から水漏れ、排水口の詰まりや臭いが取れないなどさまざまなタイミングがあります。
特に水漏れを放置すると家自体の腐食に繋がってしまう可能性もあります。
通常システムキッチンの寿命は15年~20年と言われています。
水道で8~10年、食洗器は10年程度です。
また、結婚して家族が増えるなどのライフスタイルでのタイミングもあるでしょう。
健康のために自炊を本格的に行いたい、片付かないので収納しやすいキッチンにしたいなどがきっかけになることもあります。
最新式のシステムキッチンでは、設備や性能もアップしていますので、20年使っているのなら入替を考えてもいいかもしれません。
居心地のいいキッチンになると人が繋がりやすく家族と接する機会や来客も増え笑顔も増えていくのではないでしょうか。
費用がかかるので、失敗やトラブルを避けたいですよね。
心地よい空間にするためにも、事前に知識をつけていきましょう。

キッチンのリフォーム時期

長年続ける快適に使える空間にするために、プランニング、コスト、工事の品質、コミュニケーションやアフターサービスまで信用できる業者を見つけるのが重要です。 特に要望を明確に反映してもらえる提案力がないと理想のキッチンにはなりません。 技術を確認するために、実績や口コミ情報をリサーチしておきましょう。