キッチンリフォームで失敗しないためには基礎知識は大切です

>

オーダーメイドのシステムキッチン

キッチンの設置のタイプ

キッチンの設置には、いくつかタイプがあります。
オープンタイプは、キッチンとダイニングの間に仕切りがありません。
開放感があり、複数人で料理がしやすく、家族とも会話を楽しみながら料理をすることができますのでコミュニケーションが取りやすいのがメリットです。
しかし、キッチンが丸見えなので常に整理してきれいにしたいですよね。
調理中の煙やにおいも広がってしまいますので排気に配慮が必要です。
クローズドタイプは、料理の専用の部屋として作られています。
においや煙が他の部屋には移りませんが、調理中は他の部屋の様子がわかりにくくなります。
外からは見えないので、よく使う調理用具や調味料は、使いやすく配置しやすくなります。
セミオープンタイプは、カウンターなどの仕切りを作るタイプです。
洗い場や調理台は隠しながら、開放部分からダイニングを見渡しながら調理することができます。

システムキッチンのレイアウト

I型は、シンク・コンロ・調理台が横一直線に並べられています。
コンパクトなキッチンにおすすめです。
II型は、シンク・コンロ・調理台を2列に分けて平行に設置します。
作業動線が短くなり効率的で、調理カウンターの下には収納もしやすくなります。
I型よりもスペースが必要ですが、広い調理スペースが確保できるので調理の効率がよくなります。
L型は、シンク・コンロ・調理台がL字にレイアウトされています。
動線が三角なので、作業動線が短く作業がしやすくなります。
ペニンシュラ型は、キッチンの片方を壁に接している対面式のキッチンです。
調理をしながら部屋を見渡すことができます。
アイランド型は、シンクや調理台が壁から離れ、部屋の中央に配置されています。
壁につけないので自由なレイアウトにすることができ、おしゃれなキッチンを演出することができます。
開放感があり、複数人で会話をしながら作業することができます。


この記事をシェアする